フリー(無料)の画像編集おすすめソフト

無料画像編集ソフトのオススメ

“インスタ映え”という言葉が飛び交う昨今、皆さんは写真の加工にも力を入れているのではないでしょうか?


プロ御用達のフォトショップは仕事で使うならいざ知らず、

個人で購入するにはかなり高いソフトウェアであり、現在Adobe社が推し進めている「Creative Cloud」という月額プランでソフトを購入することが出来ますが、
Photoshopだけで月に2,180円もとられてしまいます。
(仮に1年使ったとしたら26,160円もかかってしまいます。)

そこで今回は、有料ソフトと引けを取らない無料画像編集ソフトについて紹介します。


第一位:GIMP

フリーの画像処理ソフトとしては唯一無二の高機能を誇り、数々の有料ソフトと比較しても遜色ないと言われている。

かつては動作が不安定で、ソフトの機能が複数枚のウインドウに分かれ使いにくいなどの問題点があったが、近年のバージョンでは比較的動作が安定しており、
さらに全機能が1枚のウインドウにまとまる「シングルウインドウモード」が実装され、使い勝手も大幅に向上した。
レイヤーもマスクも完備、ブラシも細かくコントロールが可能。

また、非公式のプラグインもあり詳しくなればもっと深使うこともできます。

どうしてもPhotoshopの見た目が好きな人は、GIMPshopというヴァージョンを使えば、レイアウトがよりPhotoshop風になります。


第二位:Paint.NET

Paint.NET は、シンプルで直感的に使える画像編集ソフトです。



画像編集ソフトの機能は少なめですが、シンプルなので初心者でも直感的に使えます
レイヤを使った描画やフォトレタッチ、フィルタ処理などの機能を備えたペイント系グラフィックソフトです。

マルチドキュメントに対応しているため、複数のファイルを同時に開いて、切り替えながら作業できます。

編集中の様子がサムネイルとして表示され、クリックで切り替えることができます。

また「ウィンドウ」メニューから前後の画像へ切り替えることも可能です。


第三位:Pixlr

オンライン編集ツールはたくさん公開されていますが、Pixlrの機能や速度、UIデザインに勝るものは今のところないのではと思ってしまうほど高機能です。

画像編集の基本でもある、画像の拡大・縮小などはもちろん、
お使いのパソコンにインストールされているフォントを使ってテキスト入力が可能、フィルタ機能を使って写真のブレンドなどもOKとなっています。

Photoshopをよく使う人にうれしい機能の一つとしては、フォトショップとまったく同じショートカットキーを使うことができます。


第四位:SUMO Paint

ブラウザ上で画像ファイルを開き、ブラシを使ってレタッチを行うことや真っ白なキャンバスに直接描くことも可能なブラシや描画 ツールが豊富な ブラウザベースレタッチソフトです。

レイヤーの機能が使えることやフィルタ機能も充実しております。
画像の回転や反転、トリミングやリサイズなども行うことができるため、これ一つで多くのことが完了します。

過去に画像編集ソフトを使用したことある方は、フィーリングで使用することができるでしょう。


第五位:PicMagick

6つの基本機能と5つのエフェクトが簡単に利用できます。

画像のトリミングでは、比率をあらかじめ設定することができ、縦横比は保ったままトリミングできます。
画像の回転では、直感操作が可能で、動作が軽いことが評価に繋がりそうです。

エフェクトに関しても基本的なものが備えられており、

シャープ化やソフト化、カラーにおいてはセピア色やグレースケールもボタン一つで処理できます。


まとめ

画像編集ソフトの代名詞とも言えるのがPhotoshopですが、

実はPhotoshopでできる機能の多くはそのほかのソフトウェアやアプリでも可能な場合が多いものです。



こうしたサービスはPhotoshopよりも安価なものも多く、場合によっては無料のものもあります。

最近ではコンピュータ自体が高性能になってきたので、どれもPhotoshopに引けを取らない優秀な画像編集ソフトとして活躍するでしょう。

ぜひ、お気に入りのソフトウェアを探してみてください。


Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/tetsu-law/www/plusba-design/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29